注目キーワード
コラーゲンとプロテイン

第27回♪ プロテインとコラーゲンのお話

さて、熱弁してしまいます。

筋肉の硬縮が原因となる腰痛・股関節痛・膝痛・五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが姿勢の悪さと栄養失調に陥っています。 

タンパク質=プロテインですが、現代の食事で糖質過多による低タンパク質なバランスの悪化。 

1度の食事内容で糖質摂取量が多すぎると、自然とタンパク質摂取量が減りますね。 

本来、体を作るのはタンパク質と脂質で、タンパク質が足りなければ糖質過多から必要以上に脂肪を溜め込む体質になります Σ(ಠิωಠิ|||) 

このバランスの悪い食生活の影響により肥満症の人が急増し、今ではその数が数十億人とも言われるんですって!

タンパク質は体の20%を占める主成分 

タンパク質が減少すると、筋肉をはじめ内臓・血管・骨・皮膚・爪・髪の毛などに異常が現れます。

これを放置すると免疫力低下にもつながってしまうため、原因不明の体調不良(喘息・心血管系疾患・高コレステロール血症・肥満症)になる可能性も… 
プロテインは筋肉のためのものではなく、全ての人に必要な主栄養素な事を忘れないで下さい! 

タンパク質のうちに1/3を占めるコラーゲン 

骨の中のコラーゲンが少なくなると、枯れ木のようにもろく折れやすくなります。 

骨の中心にある成分がコラーゲンで、その周りがカルシウム!
骨もこれと同様でコラーゲンが豊富な骨は、若い木のようにしなるので折れにくくなります (。-∀-) ニヒ♪

コラーゲンの生合成に大事な要素がビタミンC 

アミノ酸が数回の化学反応でコラーゲンを合成するのですが、その化学反応にビタミンCが不可欠!!! 
絶対に高タンパク質+高ビタミンCのセットは鉄板です! (*・∀-)b

ちなみにコラーゲンは骨だけでなく、腱や靭帯の強化にもとても役立ってくれるのでプロテインと一緒にビタミンCも摂取してください。 

低糖質ではなく、高タンパク質が本質! 

以前、糖質制限ダイエットが流行りましたが、低糖質を実践したことで体調不良になる方がたまにいます。

肌や髪のツヤが無くなったり、シワが目立つようになったりと… (つд`)
これは摂取カロリーを抑えてしまうからです。

恐ろしい事に、数年後にシミが大量発生する方も多くいます。

糖質1g=4カロリーです。

現代の食事の半分ぐらいが糖質なので、50%としましょう。

では、これを30%まで抑える…というのが糖質制限ですが、ポッカリ空いた一日の必要とするカロリーはどこ?どこどこ??? 

実は、このポッカリ空いたカロリー分をタンパク質で補わなければ栄養失調の出来上がりになってしまいます!

タンパク質も1g=4カロリーなので、目安にして下さい…と言っても、お肉で摂取は難しいですよね。

牛肉サーロインステーキで100g当たり17gのタンパク質が含まれています。

これだけで毎日なんて無理~。 
なので!高性能な食品を食べましょう。 

卵はやっぱり高性能♡ 

卵大好きな私には素敵な救い言葉 (´∀`∩

卵は数ある食品の中でプロテインスコア(食品に含まれるタンパク質の「良質度」)が100点満点の代表的な食品です。卵1個でタンパク質量が約6.5gです。

3個食べると20gになります。

ただし、お医者さんに止められている方や、コレステロールが気になる方はお控えください。

そして、残りあと40g強を“プロテイン(配合タパク質)”で摂取するのが効率的で理想的ですね

プロテインも色んな種類がありますが、ソイプロテインよりもホエイプロテインをお勧めします。

ホエイの方が研究結果的に、効率的に吸収してくれるので効果があります。

筋肉付けたい方や、ウエイトアップ目的の方は朝昼晩ホエイプロテインがいいですね!

健康重視・ウエイトダウン目的の方は朝昼はホエイプロテイン・夜飲むならインゲン豆のプロテインが一番おススメですよ~♪ 

成分も大切な問題になっていきます。

安ければいい物ではなく、高ければいいとも限りません!

大切なのは成分です! 毒になる物もあるので十分に気を付けてお選びください。

もし、私が使用しているプロテインが気になった方はお問い合わせ下さい♬

プロテインを摂取し始めると胃腸に不調を訴える方がいますが、酵素となるタンパク質不足で消化酵素が足りないことが原因の可能性があります。(他にも腸内細菌の働きが悪い場合もありますので、日頃から常在菌のエサとなる食物繊維をしっかり摂取しておきましょう)

40gを1回で摂取するのではなく、朝食前に10g、昼食と夕食の間に10g、就寝1時間前に20gというように無理なく摂取してみてください。

実は、就寝前のプロテイン摂取が一番効果を高めてくれます。

なぜなら!身体の中では1日約3,000億個の細胞が死と再生を繰り返しており、そのうち85%が就寝中に行われているのです。

寝る前には牛乳で溶かさずに、お水が豆乳で溶かすようにすると太らないですよ♪ 

次回は女性ホルモンのお話です! ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 読んでくれてアリガトウ